マリンワンピースも夏のオススメです

夏ワンピースの定番といえば、マリンルックのワンピース。
マリンルックとは、もともと海兵さんが着ていた制服のデザインからきているそうです。
カラーのベースが赤、白、青のボーダー柄やセーラーカラー(セーラー襟)が付いたワンピースのことをさします。

sw13  sw14
ボーダー柄のマリンルックのワンピースには2色使いのものもあり、少し前までは黒と白のボーダー柄が大人っぽく見せてくれて人気を集めていましたが、最近ではシャーベットカラーのボーダー柄が注目されています。
夏らしく爽やかな印象を与えてくれるので、見た目にも涼しくなりますね。
青と白や紺と白の組み合わせのボーダー柄など涼しげでいいですね。
それから、赤、白、青の3色を使ったものはトリコロール(フランス語で「3色」という意味)カラーとも言われます。
フレンチマリンルックはオシャレにこだわりのある方ならもうご存知の方も多いと思います。
一般的には赤、白、青の3色を使っています。
赤、白、青の配色はフランスの国旗の色からきていると言われています。
赤、白、青のボーダー柄でなくても、3色をうまく配色さえすれば、オシャレなコーディネートになります。
たとえば、青と白のバイカラーのワンピースに赤のジャケットやカーディガンを羽織るコーディネートや、白のワンピースに紺のカーディガンを羽織り、バッグは赤や濃いめの黄色のバッグを合わせるコーディネートなど、3色をうまく配色すると大変オシャレですよね。
マリンルックのワンピースで特徴のあるものがセーラーカラー(セーラー襟)がついているワンピースです。
セーラーカラーとは、名前の通り学生服などによく見られるセーラー服についているような襟が付いたワンピースのことをさします。

sw12
若い女性にはもちろん、大人の女性にも人気があります。
可愛いデザインからちょっと手が出せない女性もいるようですが、色使いによってぐっと大人っぽいコーディネートにもなりますので、30代、40代の女性の方にもオススメです。